ふたたび仙台へ!

5月18日(土)に、Barm’sで開催されるTRADさん主催のセッションに参加します。午後7時半頃開始予定です。

アイルランド音楽のセッションではジグ、リールなどのダンス曲を中心に、集まった演奏者がその場その場で選曲を決め、自由に演奏します。20世紀初前半にアイルランド本国や移民の住むイングランドで生まれ、二次大戦後にさかんになった演奏形態だそうです。「セッション」という呼び名自体はジャズからの借用で、あとからあてはめられたものだとか。近年では日本でも大都市圏を中心として、全国で行われるようになりました。

基本的にはすべての旋律楽器が同じメロディを演奏し、ギター、ブズーキ、ピアノ、打楽器などによる伴奏が付きます。セッションのさなかでも、歌やエアは独奏されることがあります。エアというのは、アイルランドに伝わる民謡の旋律を器楽で演奏するものを言いますが、スコットランドやイングランド、アメリカの歌の旋律だったり、歌曲風の器楽曲として新たに作られたものもあります。バロック以前の時代に作られたハープ曲のレパートリーもこの範疇に含めることが多いです。

セッションの核をなすメンバーが定まってくると、おのずとセッションのレパートリーが充実してきます。アイルランド音楽は、我々のように外国人として取り組む人も多く、教則本や楽譜集も充実しているため、世界中どこでも通用するスタンダードチューンも少なくないのですが、親しい演奏者のレパートリーを耳で覚えたり、好きなアーティストを紹介しあったりするうちに、セッションごとの個性が生まれてくるようになります。

そんなわけで、不定期ながら長く続いてきたBarm’sのセッションは、言わば「東北スタイル」の結晶です。それも、年々ちょっとした変化があって、面白いなあ、と思います。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。